金魚の小さなおうち goldfish3.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

金魚は私。猫が好き。            一周回ってまた元の位置。            けど、泳ぐよっ!        


by 金魚
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

5月 「追憶の森」



f0361252_16365178.jpg





「渡辺謙が出ているから」
という理由のみで見に行った。
渡辺謙の出演作品は
2010年の「シャンハイ」がとても良かったという記憶が残っていたから。
余談だけど、「シャンハイ」では菊地凛子もとても良かった。
凛子ちゃんは「ノルウェイの森」の直子役もイメージ通りだったな。
どちらも病的な役だけど。
「シャンハイ」が良かったという記憶はKにもあったようで、
わりとすんなり意見が一致して「追憶の森」を見ることとなった。

で、結果、イマイチ。
ストーリーがありがちなうえ、
先が読めてしまったよ。
伏線が分かりやす過ぎるんだもの。
深い喪失からの再生を描いているのだけど、
青木ヶ原樹海を彷徨うシーンがリアルなのに、
ランの花のくだりで急に薄っぺらなファンタジーに思えてしまった。
パンフの表紙を見て分かるように、
森の樹々たちがとても美しいだけに残念。

と言いつつも。
妻の魂の生まれ変わりのようなタクミ(渡辺謙)に
アーサー(マシュー・マコノヒー)が
絞り出すように必死に謝罪するシーンは、
迂闊にも涙ぐんでしまった。
あんなにも余裕で「先、分かっちゃったし~」なんて思ってたのに。
全くもぅ、年々涙もろくなって困るわ。

でもね、映画館を出て
お茶をしながらパンフレットを眺めた時に思ったの。
この映画はとても詩的な映画。
先が読めてしまったとしても、
哲学的だったり、スピリチュアルだったりするセリフを、
素直な気持ちで純粋に受け止めるような見方をすれば良かったかなーと。

「よくあるだろ、人生を変えるような大きな瞬間。
何が大切か気づく瞬間だよ。
来ては去る瞬間だが、時として遅すぎる。
手遅れだ。」

愛は思わぬところで、あなたを待っている。


[PR]
by goldfish3003 | 2016-12-09 09:53 | 映画