金魚の小さなおうち goldfish3.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

金魚は私。猫が好き。            一周回ってまた元の位置。            けど、泳ぐよっ!        


by 金魚
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

スクラップブック


f0361252_00533325.jpg


美術館は大好き。
周囲を作品で囲まれることで、
その世界に包まれるのが何とも心地いい。
日常とはかけ離れた世界に飛んで行ける。
空気さえ違って感じる。
眼や耳からだけでなく、
皮膚からも作品を吸収しているように感じる。
そして元の世界に戻って来た瞬間の清々しさ!
いつも思う。
これだから美術館はたまらないと。
ホント、つくづく思う。







美術館を訪れる度にチケットの半券とフライヤーを持ち帰り
ファイリングしている。
始めた年は定かではないが、ファイリングしようとした際、
1993年2月のMOMA展からチケットが残っていた。
フライヤーは無かったものの、よく保存していたなぁ。。。と思う。
幼少期から美術館・博物館に連れて行って貰った記憶があるので、
全ては網羅していないものの、
1993年以降は全てファイリングしてあるはずだ。
勿体ないなぁ。。。と思うのは、
始めた頃はアルバム式にファイルに収めてしまっていた事。
べったりと貼り付けてしまっては、
フライヤーの裏側に書かれた説明書きが読めなくなってしまうのに。
あぁ。。。悔やまれてならない。

f0361252_18172962.jpg


例えばこれも。
この凸凹とテカっているのは、
べったりとアルバムに貼り付けた上からフィルムが被せてあるから。
あ~あ、台無し(;^_^A

f0361252_09202160.jpg
で、今はこのようにビニールフォルダーに収めている。
当たり前だよね。
最初からこうすべきだろうがっっ!と当時の私に突っ込み入れたい。
何故にアルバム形式にしたんだか。。。
何はともあれ、スクラップブックは3冊目に入っている。
たまに眺めるのも楽しい。
フライヤーを見れば
印象深かった作品や、その日の風景が蘇る。
自分の中にそれら作品の何かが吸収されているのを感じる。
このスクラップブックも、御朱印帳同様、
生涯続けていこうと思っている。


[PR]
by goldfish3003 | 2016-12-20 09:40 | 美術館